第9回研究報告会ご案内(最終案内)

金融プラス・フォーラム

事務局

金融プラス・フォーラム「第9回研究報告会ご案内(最終案内)」を送付させていただきました。今回は労働問題の第一人者である濱口桂一郎先生(労働政策研究・研修機構研究所長)をお招きし、「人生100年時代の雇用と労働」と題して報告して頂きます。報告内容については下記の通りですが、先生の経歴や著書にみられますように労働法から労働政策、ジェンダーから高齢者問題、その他時論的話題を含めて極めて幅広く、「国際比較の観点と歴史的パースペクティブ」からのリアリティある報告になると思われます。当フォーラムでは一部有志による団塊ジュニア世代に焦点をあてた新研究を今夏に立ち上げたところですが、「メンバーシップ型とジョッブ型」の提唱者として知られる先生から次の雇用システムについても示唆に富む話をお聞かせいただくことができるのではないかと考えています。「新産業革命の進展や少子高齢化などにより経済社会は大きな転換期を迎えている」(会則第3条)との認識のもと、これまで最先端の先生方を講師としてお招きしご意見を伺ってきましたが、今回は「雇用と労働」に焦点をあてました。質疑応答や懇親会の場を借りて活発な議論を期待したいところです。研究報告会終了後、懇親会を予定しております。是非ご参加ください(どちらかだけの参加も可です)。

<報告内容>

1 日本型雇用システム

2 年齢に基づく雇用システム

3 日本の高齢者雇用法政策

4 年齢差別禁止政策

5 雇用の在り方と社会システム

6 日本的柔軟性からデジタル柔軟性へ

1 テーマ:「人生100年時代の雇用と労働」

2 報告者:濱口桂一郎(労働政策研究・研修機構研究所長)

 1983年東京大学法学部卒業、同年労働省入省。欧州連合日本政府代表部一等書記官、東京大学大学院法学政治学研究科附属比較法政国際センター客員教授、政策研究大学院大学教授などを歴任後、2008年8月労働政策研究・研修機構労使関係部門統括研究員、2017年4月より労働政策研究・研修機構研究所長。主著に『労働法政策』ミネルヴァ書房(2004年)『新しい労働社会』岩波新書(2009年)『日本の雇用と労働法』日経文庫(2011年)『若者と労働』中公新書ラクレ(2013年)『日本の雇用と中高年』ちくま新書(2014年)『働く女子の運命』文春新書(2015年)『日本の雇用紛争』労働政策研究・研修機構(2016年)『EUの労働法政策』労働政策研究・研修機構(2017年)『日本の労働法政策』労働政策研究・研修機構(2018年)など多数。

3 日時

2019年12月6日(金)16時30分~18時00分

報告(16:30-17:45)の後、質疑応答を予定しています。終了次第、近場にて懇親会。

4 会場

東洋大学白山キャンパス(文京区白山5-28-20):5号館3階の5309教室

最寄駅:地下鉄三田線白山駅A3出口から「正門・南門」徒歩5分(HP参照)

交通アクセス(白山キャンパス)

5懇親会(18時15分開始~)

「カフェ ボラーレ」:文京区白山5-35-5石上第2ビル1F(HP参照)

TEL.03-5800-5842

都営三田線白山駅 徒歩1分(白山駅A3出口から白山神社の参道方面)

6 会費

無料。懇親会は別途料金(4千円)

7 主催者

金融プラス・フォーラム(会長:唐木宏一)

【過去の研究報告】

<2017年>

第1回(12月):井上智洋(駒澤大学准教授)『人工知能は未来の経済をどう変えるか?』

<2018年>

第2回(3月):瀧俊雄(マネーフォワード取締役Fintech研究所長)『フィンテックのインパクト』

第3回(7月):宮村健一郎(東洋大学経営学研究科研究科長)『 アメリカ銀行業のP2Pレンディング戦略』

第4回(9月):駒井隼人(株式会社Delta Valuesチーフデータサイエンティスト)『ビッグデータから見た個人投資家行動』

第5回(12月):中村淳一郎 (株式会社IICパートナーズ代表取締役社長)『企業年金・退職金のエッセンスと企業経営に活かす視点』

<2019年>

第6回(3月):畔上秀人(東洋学園大学現代経営学部教授)『リスク評価の世代間継承-生命保険について-』、江口政宏(商工総合研究所主任研究員)『ブロックチェーンは次世代プラットフォームとなりうるか』、冨田洋介(共栄大学国際経営学部専任講師)『金融市場と経済格差に影響を及ぼす法的環境の実効性について-制定法と慣習法の相違を中心に-』

第7回(7月):牧野知弘(オラガ総研株式会社 代表取締役 / 不動産事業プロデューサー)『不動産価値革命と住宅―人生100年時代を迎えて―』

第8回(9月):武田泰弘(TRENDE株式会社テクノロジーディレクター)『電力流通とP2P電力システム』

Finance Plus Forum

金融プラス・フォーラム 金融経済に関する研究会です。